あじさいの寺 神宮寺 広島県府中市栗柄町2987







あじさいの寺 神宮寺
神宮寺全景

あじさい祭りが始まります!




前景

スケジュール


苗の販売、バザー、撮影会等々行います。


境内


境内

苗販売所


あじさい祭りの期間中、苗の販売を行っています。

苗販売所

神宮寺の由来


神宮寺と南宮神社と孝霊天皇御陵伝説地

南宮神社

 南宮神社は備後ゆかりの孝霊天皇とその皇子吉備津彦命を主たる祭神とする大社で創建は大同2年(807)です。
 現在の建物は寛文9年(1669)の建立で市指定文化財になっています。 神宮寺は南宮神社の別当寺で、寺が宮から分離した時、鐘つき堂だけは神社に残したので、今でも神社の境内に鐘楼があります。

 神宮寺には県の重要文化財である鎌倉時代の春日版600巻の「大般若経」と絹本著色釈迦十六善神があり郷土館に展示してあります。
 寺のすぐ裏山に孝霊天皇御陵伝説地といわれる古墳があります。

(広島県府中商工会議所から引用)

Copyright(c) 2019 あじさいの寺神宮寺 All Rights Reserved.